木村金蔵税理士事務所−東京都台東区上野にある、相続・贈与・譲渡、弥生会計の税理士・会計事務所
 >>  Home  >> 法人決算・申告業務サポート >> 法人決算・申告 Q & A 〜 決算から申告までの会社の経理の重要性  

 

法人決算・申告 Q & A 〜 決算から申告までの会社の経理の重要性

a−13. 注意したい「売上原価」の計算方法



顧問の税理士から、「期末には必ず棚卸をして下さい」言われますが、なぜですか?

@売上原価の構造

  • イ.「(a)売上高」から「(b)売上原価」を差し引いて、「(c)売上総利益」が決まります。
  • ロ.「(b)売上原価」は、「(c)売上総利益」を求めるための、重要な計算要素です。
  • ハ.そして「(b)売上原価」は、「(1)期首棚卸高」に「(2)当期仕入高」を足して、その後「(3)期末棚卸高」を差し引いて求まります。
  • ニ.つまり「(b)売上原価」を決定するうえで、「(3)期末棚卸の評価額」が重要になってきます。
  • ホ.「(3)期末棚卸の評価額」が高くなると「(b)売上原価」は小さくなりますので、「(c)売上総利益」は上がります。
  • ヘ.逆に「(3)期末棚卸の評価額」が低くなると「(b)売上原価」は高くなりますので、「(c)売上総利益」は下がります。
  • ト.このように「(3)期末棚卸の評価額」が、会社のその期の決算の状況や利益を左右しますので、棚卸が重要になるのです。
  • チ.「(3)期末棚卸の評価額」は、翌期の「(1)期首棚卸高」として引き継がれていきます。

A棚卸資産

  • イ.棚卸の基本は「自社在庫」です。仕入先から「商品」を入荷して仕入計上は済んでいますが、まだ、得意先に売っていない商品です。倉庫が別の場所にある場合には、倉庫の在庫も忘れずに棚卸して下さい。
  • ロ.委託販売を依頼した先の、店舗にある「預け在庫」は、所有権が自社にありますので、自社の在庫として把握できるように、委託先に棚卸をお願いして下さい。仕入先に製造を委託した場合で、部品を支給した場合も、「預け在庫」となりますので、棚卸をお願いして下さい。
  • ハ.定期的に消費される消耗品で細々したものは、消耗品費として費用計上できます。ただし、事業に直接関係する物品で貯蔵中のものは、「貯蔵品」として資産計上が必要になりますからご注意下さい。
  • ニ.製造を行っている場合には、完成した「製品」だけでなく、一部製造工程が終了しその状態で外部に販売が可能となっている「半製品」や、製造工程が完了していない「仕掛品」も棚卸資産ですので、在庫計上が必要です。
  • ホ.主要原材料だけでなく、補助原材料も棚卸資産です。
  • ヘ.完成製品(主物)を製造するうえで、従物として付属的にできるものは「副産物」として、棚卸資産となります。
  • ト.製品を作る途中で発生する「作業くず」も、価値のあるものは棚卸資産です。



お問い合わせ


 

木村金藏税理士事務所
代表 税理士 木村 金藏

昭和46年に上野で税理士事務所を開業し、税理士として時には経営者として、さまざまなことを学んできました。

実践で培った600超の事例から、財産を守る相続対策を提唱しています。「相続税対策」「土地有効活用・賃貸住宅経営」セミナーの講演を、全国で年50回以上実施しています。

何とぞ宜しくお願い申し上げます。

<所在地>
〒110-0015
東京都台東区東上野1-13-7 第二横井ビル3階
TEL 03-3831-7252
FAX 03-3831-6213
E-Mail info@kinzou.com

<WEBサイト>
・ オフィシャルサイト
   http://www.kinzou.com

・ 相続相談センター
   http://www.souzoku-center.com

・ 弥生会計支援センター
   http://www.yayoi-center.com

お問い合わせ−台東区上野、葛飾区で相続・贈与・譲渡、弥生会計のご相談は、木村金蔵税理士事務所

相続、贈与、譲渡、弥生会計、会社経営、税務申告、不動産会計について、お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ

 
 

Copyright Kimura Kinzou Tax Accountant Office. All Rights Reserved.
木村金蔵税理士事務所−東京都台東区上野にある、相続・贈与・譲渡、弥生会計の税理士・会計事務所